【逆マーチンゲール法】カジノで稼ぐために知っておくべき必勝法を徹底解説!

逆マーチンゲール法アイキャッチ 必勝法

オンラインカジノで効率よく稼ぎたいあなたへ

パチンコは飽きた。カジノはこれから日本にできるし、なんか面白そう。どうせやるなら勝ちまくりたい。そんなあなたにカジノ必勝法をわかりやすく説明していきます。

この記事を読めばこんなことがわかる

・逆マーチンゲール法を使うとどのくらい稼げるのか

・逆マーチンゲール法とは何か(どんな戦略か)その特徴、やり方、注意すべき点

この記事を書いている私はオンラインカジノでほぼ毎日遊んでいます。
遊んでいる中で色々な必勝法を試し、自分なりにアレンジし、どの必勝法をどう使えばどのくらい稼げるのかなどを日々研究しまくっているカジノオタクです。

そんな私が使ってて良いと思った必勝法、これは使えないあと思った必勝法などをこの記事を見てくれているみなさんにお伝えし少しでも役に立てればなと思っています。

逆マーチンゲール法とは?

逆マーチンゲール法とは別名パーレー法とも呼ばれマーチンゲール法のベット方法を文字どおり逆にしたものです。

逆にしてベットすることによって生まれる特徴として、リターン額が大きい割に負けた時の失う額が小さいという特徴が生まれます。

そして自分でやめどきを決めることができるのでベット上限額に左右されたり運悪く連敗が続き大損するといったことがなく、初心者が始めやすい必勝法となっています。

ですが1つ難点なのが期待値が低いということです。

逆マーチンゲール法って稼げるの?

逆マーチンゲール法は理論上カジノが設定してた還元率(97.29%)になります。

動画説明のために撮影した時の収支額の結果をお見せします。

逆マーチンゲール法結果グラフ

今回はプラス10、還元率101.57%と、理論値を上回る結果で終わるこになりました。

逆マーチンゲール法のやり方

 

逆マーチンゲール法の使える場所

逆マーチンゲール法を使える場所の条件は2つあります。

【1】選択肢が2つでその期待値の比率が1:1(等しい)
【2】配当が1:1。つまり2倍となって帰ってくる。

この2つです。この条件から著しく離れたゲームには使用できないので注意が必要です。

この条件に該当する代表的なゲームをまとめました、こちらです。

◆ ルーレットの赤・黒
◆ ルーレットの前半・後半
◆ ルーレットの偶数・奇数
◆ バカラ
◆ ブラックジャック

バカラはプレイヤーに賭けるかバンカーに賭けるかによって、ブラックジャックは自分の行動によって期待値が変わるので注意が必要です。

ちなみにこの条件、使える場所はマーチンゲール法と同じです。

やり方。ベット方法

逆マーチンゲール法のベット方法はその名のとうりマーチンゲール法を逆にしたものでとても単純で簡単です。

初期ベット額と連続勝利数を決め好きな場所にベットし、勝ったらベット額を2倍にしベットする。負けた場合、もしくは連続勝利回数に達した場合、初期ベット額に戻す。

これだけです。簡単ですね。

初期ベット額と連続勝利数については後ほど説明します。

いや。文章だとよくわからないんですけど。

では具体例をあげて見てみましょう。

初期ベット額5ドルで連続勝利回数は3回にします。

説明画像
逆マーチンゲール法解説具体例5

まずは初期ベット額の5ユーロをベットします。

場所は好きなところでいいのですが今回はなんとなく黒でいきます。

逆マーチンゲール法解説具体例9

黒の15が出ました。

黒にベットしていたので10ユーロの配当金が手に入りました。

逆マーチンゲール法解説具体例3

勝ったので次は2倍の額を同じ黒にベットします。

逆マーチンゲール法解説具体例10

黒の24が出たので2倍の額の20ユーロでに入りました。

これで2連勝目です。

逆マーチンゲール法解説具体例11

先ほど勝ったのでまた2倍の額を同じ黒にベットします。

逆マーチンゲール法解説具体例12

逆マーチンゲール法解説用13

また黒の24が出て勝つことができました。

配当金は40ユーロとなりこれで3回連続勝ちましたので次はベット額を初期ベット額に戻します。

もし途中で負けた場合も次のベットを初期ベット額に戻します。

と、こんな感じです。

理解できましたか?

はい。簡単でしたね。

負けた時は初期ベット額しかうしなわないのに連勝した時のリターンが大きくてなんかいいですね!逆マーチンゲール法好きです!!

ん〜、そうですね。

でも現実は甘くないですよ。

このようなベット方法をすることでどうなるのか

逆マーチンゲール法はこのようなベット方法をすることでリターン額が大きい割に負けた時の失う額が小さくなる。だが、リターンをもらえる期待値が他の必勝法に比べて低くなる。
と言えましす。
その理由として先ほどの具体例の結果を見てみましょう。
ベット額 総ベット額 配当額 収支額 期待値
1回目 10 +5 50%
2回目 10 20 +15 25%
3回目 20 40 +35 12.5%
こちらが結果をまとめた表で配当率(2倍)と勝った時の次にベットするベット倍率(2倍)が同じなので勝って受け取った配当金をそのまま次のベット額にしていると言うことがわかります。
受けっとた配当金をそのまま次のベットに使用しているので自分で出資した金額は初めの5ドルのみとなります。ここが逆マーチンゲール法のメリットです。
自分が出したお金は5ドルだけなのにそれが40ドルになって帰ってきています。プラス35ドルのもうけです。ですがその帰ってくる期待値を見てみると連続勝利数が増えるごとに、つまりリターン額が大きくなるごとに下がっています。
3回連続で勝つための期待値は12.5%、(8回に1回起こる)で、この期待値の低さはデメリットですが負けたとしても失うのは自ら出資した初期ベットの額(5ドル)のみです。

連続勝利回数(やめどき)の決め方

逆マーチンゲール法は勝ったら倍額をベットします。永遠に勝ち続けると言うことはありえませんのでやめどきを決めなければなりません。ある一定回数勝ったらやめようと言うことを決めないといけないのですがその決め方はその人の満足度合いによるので絶対にこの回数とは言えないのですが目安としてこちらを紹介します。

決める基準としてこちらの3つがあります。

◆期待値

◆リターン額

◆テーブルのベット額の制限

この基準の関係を表したものがこちらになります。

リターン額 期待値
1回の勝利 50%
2回連続の勝利 25%
3回連続の勝利 12.5%
4回連続の勝利 16 6.25%
5回連続の勝利 32 3.125%
6回連続の勝利 64 1.562%
7回連続の勝利 128 0.781%
8回連続の勝利 256 0.390%


※初期ベット額を1ドルとした場合
※0は期待値に入っていません

ルーレットにはベット額に制限があります。一般的な最小ベット額は1ドル、最高ベット額は250ですので最小の1ドルでベットした場合、9回目のベット額が250ドルを超えるので8回目までしか使うことができません。

8回連続で勝った場合1ドルが256ドルになりますが起こる期待値は0.390%と極端に低いです。

オススメは3回です。

もし3回連続の場合1ドルが8ドルになります。倍率は8倍ですね。
期待値は12.5%です。よく考えてみると1/8(8分の1)です。
これはそのほかの連続勝利回数を見ても当てはまります。

初期ベット額の決め方

連続勝利回数を決めたら初期ベット額を決めましょう。

ここでは仮に3回連続勝ったら初期ベット額に戻すという設定で見ていきます。

初期ベット額 リターン額
16
40
10 80
20 160
50 400
62 496

前の項目でも述べた通り、一般的なルーレットのベット上限額は250ドルですので3回連続と決めた場合62ドルが最高初期ベット額になります。

初期ベット62ドルの場合2回目のベット額124ドル、3回目のベット額248ドル

だが現実は甘くない、初心者が注意すべき点とは?

人生そんな甘くはないですよ!

論理的に考えて見ましょう。

逆マーチンゲール法のリターン額と期待値の関係はリターン額が2倍になれば期待値も2分の1に、3倍になれば3分の1に、と、等しい関係にあります。ですがこれは1:1の二つの関係の上でのことです。

カジノは必勝法対策としてハウスエッジのゼロを用意していますので、結局還元率は37分の36で97.29%とカジノ側が用意した還元率となります。

ですのでずっと逆マーチンゲール法を使用し続けると大数の法則により還元率に限りなく近づいていくので長期的な使用はおすすめしません。

タイトルとURLをコピーしました