【カジノ必勝法】66ベット法とは?初心者にもわかるように解説!

66ベット法アイキャッチ 必勝法

【カジノ必勝法】66ベット法とは?

66ベット法とは?

ベット額が66だからこの名がついた必勝法、勝ったときのプラス額も6でベット額の66と合わせて666ベット法と呼ぶことも多い。このベット法の特徴は負けを取り返すためにベット額が増加するなどがないため損切りがしやすくうえにあまり深く考えなくてもいいベット法なので初心者にとてもオススメ。勝率は9割以上と高いところもポイント。

解説動画

動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

使用できる場所

66ベット法を使用できる場所はヨーロピアンルーレットのみです。

あれ、今回は条件などはないんですね。

はい、今回はこの一箇所だけですし条件を記載すよりヨーロピアンルーレットでくくった方が早いので。

あ、それとヨーロピアンってなんですか?。

ルーレットにはヨーロピアンとアメリカンの2種類があるんですよ。

66ベット方はヨーロピアンでしか使えないので注意してください。

インサイドベットとは?

ヨーロピアン・アメリカンの違い

基本戦略

66ベット法の使い方

ベット方法は3段階に分かれます。(1、2、3と説明しますが順番は守らなくても大丈夫です)

1:インサイドベットの全ての隣り合う黒の間(配当が1:17)と0と2の間に4ドルずつベットする。

2:アウトサイドベットの赤に36ドルベットする 。

3:残った好きな黒3箇所に2ドルずつベットする。

 

ベット方法は以上です。

あとはルーレットを回すだけです。

全くわかりません。

しょうがないですねー。

66ベット法開設用1

1:このように隣り合う黒の間と0と2の間に4ドルずつベットします。6箇所ありますので合計ベット額が24ドルになればオッケーです。

66ベット法開設用2

2:アウトサイドベットの赤に36ドルベットします。

先ほどのベット額と合わせって60ベットになっていればオッケーです。

66ベット法開設5

3:残った黒のうち好きな3箇所へ2ドルずつベットしてください。

こうすることで全部のベット額が66ベットとなります。

あとはルーレットを回すだけです。

黒の31が出て勝ちました。

66ベットして72手に入ったのでプラス6ドルの儲けです。

と、こんな感じです。

理解できましたか?

はい。覚えてしまえば簡単ですね。

でもなぜこんな賭け方をするんですか?

それに、これで勝つ期待値が9割というのがよくわからないです。

次の項目で紹介しますよ。

それにこの賭け方は基本の賭け方で、自分でアレンジしても構わまいですよ、でもアレンジする場合はリスクとリターンを理解してやらないと損しましすので気をつけてください。

  • インサイドベットの全ての隣り合う黒の間(配当が1:17)と0と2の間に4ドルずつベットする。
  • アウトサイドベットの赤に36ドルベットする。
  • 残った好きな黒3箇所に2ドルずつベットする。

理由

なぜこのようなベット方法をするのかと言うと、簡単に言えばこうすることで9割の確率で6ドル増えるからです。

まず期待値から説明します。

当たる確率はベットされていない場所の数をベットできる場所の数で割って、その値を100倍し100から引く、もしくはベットされている場所の数をベットできる場所の数で割って、その値を100倍すれば求められます。

66ベット法開設6

ベットされていない場所は4箇所、ベットできる場所は37箇所あるので100ー(4/37)*100で89.189となり、勝つ期待値が89.189%と求められます。

次に配当額について解説します。

配当のもらえるパターンは3パターンあり、「隣り合う黒のどちらかに当たった場合」「赤に当たった場合」「自由に選んだ黒に当たった場合」があります、それぞれの配当金の額を計算してみると

  • 隣り合う黒のどちらかに当たった場合

配当率は1:17(18倍)ですのでベット額6*18で72となります。

  • 赤に当たった場合

配当率は1:1(2倍)ですのでベット額36*2で72となります。

  • 自由に選んだ黒に当たった場合

配当率は1:35(36倍)ですのでベット額2*36で72となります。

配当率に関してはルーレットのルールで説明していますのでぜひご覧になってください。

 

このようにどこに当たっても72となって帰ってきます。このことから66ベット法は約9割の確率で72ドルとなって帰ってくるが約1割の確率で0ドルとなって帰ってる。と言えます。

9割の確率で72ドルのリターンが得られるんですか!

めちゃくちゃいいじゃないですか!66ベット法!

聞こえはいいですけど論理的にはそうじゃないんですよ。

長期的にみると単純にベットしているだけではどんどんマイナスになっていきます。

え?どう言うことですか?

66ベット法は理論的には収支額がマイナスになる

実は66ベット法はずっと同じベット場所にベットしていると長期的にみた場合、収支はマイナスとなります。

66ベット法は言い方を変えると10回中9回は6ドル手に入るが10回中1回は66ドル失います、ですのでルーレットを10回まわした時の理論的な収入は9*6=54となり支出は1*66=66となります、収入と支出を計算すると支出の方が12多いので理論的にはルーレットを10回まわすたびに12ドルずつ減ります

なんてこった。ぼろ!

全然必勝法じゃないじゃないですか!

これはあくまでも何も対策せずにずっと同じ場所にベットし続けた場合です。ちゃんと適した使い方をすれば30連続で勝ち続けることもできますよ。どう使うかが重要です。

マイナスにならないための対策

66ベット法で負けないための方法は2つあります。

1つ目は単純にベットしていない場所を減らし期待値をあげることです。

期待値 ベットしていない場所 ベット額 利益
81.081% 60 12
83.783% 62 10
86.486% 64
89.189% 66
91.891% 68
95.594% 70

赤色の部分が基本のベット方法になります。
ベットしていない箇所が2箇所を下回ると利益が0になるので最高期待値は95.594%となります。ですが期待値をあげると利益が少なくなりますのでその対策としてベット額を倍にします。期待値95%のままベット額を倍にしていくとこちらの表のようになります。

ベット額 配当額 利益
2倍 140 144
3倍 210 216
4倍 280 288
5倍 350 360 10
6倍 420 432 12

 

2つ目はベット箇所を変えられる場所(4、6、15、22、24、33、35)に限りますがそこが出た場合、直近ででる確率は著しく下がりますのでベット箇所をずらし、外れる確率を下げます。

66ベット法対策2

動かすことのできる4が出ましたのでベット箇所を変更します。

66ベット法対対策1

4をベット箇所から省きました。連続ででる確率は0.073%と非常に小さいのでこうすることで期待値をあげることができます。

  • ベットしていない場所を減らし期待値をあげる
  • ベット箇所を動かすことのできる数字が当たった場合その数字をベット対象から外しベットし直す
タイトルとURLをコピーしました